高橋良明 公式BBS

243677
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

東京宝映・大阪審査員 - 遥

2017/03/22 (Wed) 00:51:35

先日、お友達と一緒に、良明さんが東京宝映の大阪審査員に来た場所を探しました。
お友達が当時審査に来た時の良明さんの写真を持っていたので、それがきっかけでした。

東京宝映の大阪事務所の住所を頼りに捜し歩いたところ、全然見当違いの場所にたどり着いてしまい、結局見つけることができませんでした。

後日、その写真の背景に、どこか見覚えがあることに気づき、お友達ともう一度心当たりの場所に行ってみたところ、ここだということがわかりました。
わかったときは、とても感動でした!

お友達は、その場所の地名をなんとなく憶えていて、私は、その写真の背景の場所に見覚えがあったので、二人で探し当てた時は、手を取り合って喜びたいくらいでした(笑)
背景に見覚えがあったのもそのはず、そこは私の住む町の沿線の建物で、毎日通勤で通っている場所だったんです。けれども、写真は全く別のアングルから撮影されているので、すぐにはわかりませんでした。

今やグーグルの地図やいろいろなツールで検索できる時代にはなったものの、ロケ地を探す手がかりとしては、
やはり「記憶」と「土地勘」は重要なんだなと、改めて感じました。
あと、オーディションは、事務所で行われるものだとばかり思っていたのですが、実際にはこういう別会場を借りて行われるんですね。そういう先入観も、なかなか見つけられなかった要因かも。。

右の写真がそれです。

東京宝映・大阪審査員 - 遥

2017/03/22 (Wed) 00:57:31

現在の建物はこのように建て替えられて綺麗になっています。上の写真は良明さんが来た当時の建物。
右のは平成15年に建て替えられてから現在のものです。

こんなに近くまで良明さんが来てくれていたこと、とてもうれしく思いました。

お彼岸 - 遥

2017/03/18 (Sat) 23:37:26

良明さんのお墓参りに行ければよいのですが、
遠いのでなかなか行くことが出来ません。
代わりというわけではないですが、南御堂(難波別院)
におつとめとご法話を聞きに行ってまいりました。

南御堂は勤務先から近いということもあり、かねてから時々昼休みに覗きに行っておりました。
ちょうど正面入口より仏様のお顔が見れるように設計されていて、すごいものだと思っていましたが、今は正面口は閉鎖され、工事用パネルに完全に覆われた状態です。

正面入口=御堂会館のあった場所。
良明さんがコンサートで一生懸命歌った場所です。
また、追悼式が行われた想い出の場所です。
その解体具合があまりにも無残で、思わず目を覆ってしまいました。
日々解体されていく様子を、真向かいから仏様が見守ってくださっているのが唯一の救いでしょうか…

浄土真宗では、お彼岸は、ご先祖様のお墓参りをするというより、「亡くなった方からの呼びかけに耳を傾ける日」という解釈がされているそうです。
良明さんは、どんな思いでこの御堂会館が壊れてゆく姿を見ているのだろう?

良明さんがいなかったら、今私は確実にここを訪れることはなかった。
この場所でこんなふうに物思いにふけることもなかった。
そう思えば、とても不思議です。
これは皆、良明さんがもたらしてくれたご縁。

彼はずっと、私たちに呼びかけをくれるんだろうな。

- 遥

2017/03/18 (Sat) 23:42:59

御堂会館の今日の様子です。

このような写真を掲載することに抵抗がありましたが、
このつらさを自分一人で抱えきれないと思い、載せてしまいました。

この地にはやがて立派なホテルが建設されるそうです。
寺院がホテルと60年の借地契約を結んでいるそうです。
60年が経てばまたホテルも取り壊され、時代は移り変わっていくのでしょうね。

オヨビでない奴!オープニング登校シーン - 管理人池田 URL

2017/03/07 (Tue) 21:03:21

akariさんが見つけてくれましたのでUPします!
見つからない場所だと思っていたので感謝です!
管理人池田の横のURLをクリック!

Re: オヨビでない奴!オープニング登校シーン - akari

2017/03/08 (Wed) 19:41:27

池田さん、お久しぶりです。
綺麗な写真upしてもらって、
ありがとうございます。

ちなみに、こちらの急坂!
図書館の回の朝帰りシーン、
千歳と又一郎が岡崎先生に
フられてトボトボ歩くシーン
もココです。

Re: オヨビでない奴!オープニング登校シーン - 管理人池田 URL

2017/03/08 (Wed) 21:43:34

akariさん、お久しぶりです。
命日の時はありがとうございました。

つづく・・のシーンもそうだったんですね!
写真使わせてもらいます^^

京都へ1 - 遥

2017/02/26 (Sun) 20:40:32

今日はすごくいいお天気。寒さは依然残るものの、日差しがだんだん春めいてきました。
…てなことで、散歩がてら、午後から「そうだ、京都へ行こう!」
電車を降りたら四条大橋を渡り、四条河原町へ。
曜日も関係なく、ここら辺はいつもすごい人通り。

京都へ2 - 遥

2017/02/26 (Sun) 20:45:05

ほどなく良明さんが、1988年4月2日イベントで訪れた
高島屋・四条河原町店へ。
インフォメーションで尋ねると、屋上に上がれるとのこと。いつ閉鎖したかわからないけれど、ここも昔は遊園地がありましたと説明されました。
私の記憶では、外観は当時から変わってないような。

京都へ3 - 遥

2017/02/26 (Sun) 20:47:56

屋上に上がってみると、なななんという広さ!!
いくつかの区画に分かれていて、これではイベント3つくらいいっぺんにかぶっても、全然大丈夫!!
大文字焼きの山を探すものの見えず。
残念ながら、景色はあまりよくない。
良明さんは、いったいどのへんでイベントしたんだろう…?

京都へ4 - 遥

2017/02/26 (Sun) 20:52:49

今度は一路、清水寺へ。
ここも観光客は年がら年じゅう多い京都の代表的観光地。
私は大学時代、ここの土産物屋さんで3年ほどアルバイトをしておりました。なので、当時は週に1、2度は来ていた思い入れの深い場所。久しぶりに軒並み続く店を見ながら、変わったところもあれば、当時のままのところもあり、なかなか楽しい。

京都へ5 - 遥

2017/02/26 (Sun) 21:00:48

ここは良明さんが修学旅行の時、マグカップを買ったという有名?な場所。雑誌などによく載っている。
「順正おかべ家」という湯豆腐専門店の中にある、お土産物屋さん。この中に複合店舗として「倫敦館」という店があり、ここに良明さんは立ち寄ったらしい。
でも、その「倫敦館」という店が見当たらない。確か、清水門前会の人に問い合わせたとき、ここにあると言っていたのに…
思わずおかべ家の外で露店を出している店員さんに、「倫敦館はどこにありますか?」とききました。
そしたらその店員さん、「倫敦館は僕です!!」
なんということでしょう~♪

京都へ6 - 遥

2017/02/26 (Sun) 21:03:14

お話をきくと、20年くらい前までは、おかべ家の中に店はあったけど、今はこのように露店の形で出店しているとのこと。アクセサリーをたくさん置いていました。
写真にも気軽に映ってくださいました。

京都へ7 - 遥

2017/02/26 (Sun) 21:06:14

清水寺の坂の前の観光バス駐車場。
ここは昔から全く変わらずだけど、良明さんもここに寄ったのだろうか?学校の友達と、いい思い出はできたのだろうか?
私がアルバイトしていた店もちゃんと残っていた。
私がもう少しお姉さんだったら、私の店にも立ち寄ってくれただろうか?
私が大学生だったのは、1991年~94年。
良明さんが修学旅行にきたのは80年代。
ここでのご縁はなかったんだなあ…
そんな思いで清水を後にしました。

一周忌写真集 - 遥

2017/02/24 (Fri) 21:23:19

以前、こういう写真があったのを見て、背後の建物は神戸・北野異人館街の風見鶏の館だと思ったので、行ってみてきました。

続・ 一周忌写真集 - 遥

2017/02/24 (Fri) 21:30:49

この写真が撮影された場所は、風見鶏の館のすぐ隣にある、北野天満神社の境内でした。
写真には写っていないのですが、良明さんの背後の風景は、神戸の街が一望出来、空も港も見えるとても見晴らしの良い場所。良明さん好みの景色だったんだろうな…とは思ったものの、良明さん、そんな風景を背にして、この手すりの上にこのスーツ姿・革靴で立ってるんですよね;
覗いてみると、下は木が茂っているものの小さな崖。
怖っ!とてもこんなところには立てない感じ。
当時の撮影って、どんな感じだったのかなあ~…

学園都市 - 遥

2017/02/24 (Fri) 21:35:50

1988年3月30日にイベントで訪れてくれた神戸学園都市スクエア・ユニバードームにも寄ってまいりました。
建物は、当時の写真とほとんど変わった感じはありませんでした。

須磨パティオ - 遥

2017/02/24 (Fri) 21:40:00

もう一枚、須磨パティオです。
良明さんのステージも、たぶんここだったんだろうな。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.